レーシックでの視力回復について

視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。 レーシックの手術を実際に受けた人のデータとしまして、裸眼での視力が1.0よりも低い人となっており実は約30%も占めています。
メガネもコンタクトレンズも必要とすることなく快適な暮らしを実現することが出来ているのです。

 

レーシックの手術におきまして、視力がどの程度まで取り戻すことが出来るかどうかは、多くの人が疑問に思っていることでしょう。
なので実際に手術をしてくれる担当医の先生からの注意事項等はしっかりと聞くようにしましょう。

 

レーシックでは、最近における技術向上によりまして、どんどんとその安全性が保証されてきているのです。
視力矯正手術は、角膜を直接治療することとなるので、なかなか手術をする勇気が出てこないこともありますが、その安全性は現在におきましてはほぼ確立しているのです。





フコイダンへ
フコイダンはここへ
URL:http://daiichi-sangyo.com/


レーシックでの視力回復についてブログ:07-9-2017

当時のミーは、
とある都市の大きな企業に勤め、マンションで一人暮らし。

ごく稀にお母さんが田舎からミーのもとを訪ねることがあった。
おいしいものを食べに行こうというミーに、
お母さんは親子水入らずで、のんびり部屋で過ごしたいと
わざわざ重たい野菜を抱えてやってくる…

ある日、仕事から帰ったミーは、
オートロックのロビーから部屋いるお母さんに
「ただいま。あけてー」
インターホン越しに呼びかけた。

ところが、お母さんからの返事はなく、
マンション中に非常ベルの音が響き渡った。
お母さんが部屋の開錠ボタンと非常ボタンを押し間違えたのだ。

ロビーで頭を抱えるミーのもとへ、
青ざめたお母さんがやってきた。
ミーは恥ずかしさのあまりお母さんをひどく責めた。

騒動の後、部屋には
お母さんが作った夕飯のにおいが立ち込めていた。

田舎から持ってきた野菜の和え物、
帰るタイミングにあわせて焼かれたであろう焼き魚、
細かく刻まれた葱の浮かんだ味噌汁に、揃えられた二人分の箸…

ショックの余り俯いて手をつけないお母さんをよそに、
気まずい中、冷めた料理をミーは黙って食べた。

あれからミーも二児のお母さんになり、
7〜8年たった今になって
あの出来事を頻繁に思い出すようになった。

恥ずかしいのはお母さんではなく、
つまらない見栄で
かけがえの無い時間を台無しにしたミーだった。

今さらと思いつつもお母さんに言った。
「お母さん、あの時ごめんね」

意に反し、お母さんはその時の恐怖を、
近くにいた兄と笑い話のネタにしてケラケラ笑っていた。
ミーが責めたことなど忘れているようにみえた。

それでも、お母さんを思う時、
ミーは真っ先にあの出来事を思い出す。

そして
「大したことないよ」
そう言えなかった自分を悔やみ続けると思う。
あの日の冷めてしまったお母さんの手料理の味とともに…

ホーム サイトマップ