レーシックでの視力回復について

視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。 レーシックの手術を実際に受けた人のデータとしまして、裸眼での視力が1.0よりも低い人となっており実は約30%も占めています。
メガネもコンタクトレンズも必要とすることなく快適な暮らしを実現することが出来ているのです。

 

レーシックの手術におきまして、視力がどの程度まで取り戻すことが出来るかどうかは、多くの人が疑問に思っていることでしょう。
なので実際に手術をしてくれる担当医の先生からの注意事項等はしっかりと聞くようにしましょう。

 

レーシックでは、最近における技術向上によりまして、どんどんとその安全性が保証されてきているのです。
視力矯正手術は、角膜を直接治療することとなるので、なかなか手術をする勇気が出てこないこともありますが、その安全性は現在におきましてはほぼ確立しているのです。





フコイダンへ
フコイダンはここへ
URL:http://daiichi-sangyo.com/


レーシックでの視力回復についてブログ:08-6-2017

体重は減ったはずなのに、
なりたかった体型になっていない…
皆様は、こんな事ありませんか?

例えば…
自分と同じ身長・体重の友人がいたとしますよね。
なのに、自分の方が太って見える。

体重だけ見たら細いはずなのに、
実際はそんなに細く見えない…
なんだかブルーな気持ちになってしまいますよね。

あたくしは着痩せタイプだったので、
実際の体重より少なく見られる事もありました。
しかし、それはあくまでも着痩せしているから…

やはり、同じ身長・体重の友人と比べると実際は太い!
すごく嫌だったんです。

頑張って減量だってしているのに、
なんで理想の体型にならないんだろう…
といつもモヤモヤしていました。

しかし、ある減量をやってみて
その理由が解ったんです。

それは、
体重を減らそうと
ご飯制限と体操だけ、頑張っていたからなんです。
体操は大切ですが、あたくしの場合無理しすぎていたんです。

そして、最も大切なご飯。
このご飯をあたくしはバランスよく改善するのではなく、
早く痩せようと制限していたのが間違っていたんです。

ご飯自体が偏ったり食べなかった事で体重は落ちても、
スタイルはついていかなかったという事だったんですね。

例えば、風邪の時、
ご飯が食べられなくて、寝込んでしまったとします。

元気になって体重を計ったら、食べられなかった分痩せていた。
しかし、それは痩せたのではなく、やつれただけですよね?

食べない減量も同じような感じなんだと思います。
体重は落ちたのに、なんだかやつれた印象がある。

あたくしはバランスよくご飯をして、
適度な体操をし始めてから、
体重とスタイルのバランスがとれてきたような気がします。


ホーム サイトマップ