レーシックは両目に限ったことではない

レーシックは両目に限ったことではない


レーシックは両目に限ったことではない
「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。 レーシック手術によって片方だけの目を治療をすることに抵抗してしまう人も中にはいることでしょう。
しかし片目だけのレーシックというのはごく一般的に行われている手術方法の一つなのです。

視力が低下してしまい悩みを抱えている人の中には、両目ではなく片方の目だけが低下してしまっている人が多くいます。
この低下してしまった片方の目だけをレーシックによって回復させることが出来るのです。

両目の視力が異なるということは、決して珍しい症状ではなく、非常に多くの人に起こっています。
コンタクトレンズやメガネを購入する時にも、左右で度数が異なることがあります。そんな視力をレーシックで元通りにしてしまいましょう。




レーシックは両目に限ったことではないブログ:23-7-2017

減量中でも
「ビールが飲みたい」とか
「ビールを飲まなきゃいけない機会」ってありますよね?

もちろん減量中は、
ビールを飲まないに越したことは無いですけど、
誘われたり、どうしても飲みたくなっちゃう時だってありますよね。
そんな時は仕方ありません、飲んじゃいましょう!

減量中のビールは
飲んだ後が大事です!

ビールを飲んだ後って、腹がすきませんか?
ついつい塩ラーメンやチーズケーキなんかを
バカ食いしてしまいがち…ですが、
ここが減量の成功と失敗のわかれめ!

ビールを飲んだ後って
どうして腹がすくのかというと…
・アルコールの食欲促進作用
・飲酒に伴う体内の糖質減少
…という2つの理由が考えられます。

糖質が減ってる上に食欲が促進されちゃえば、
そりゃあ塩ラーメンやらチーズケーキが欲しくなるのは
当然ですね。

しかし、ここはグッと我慢。
一気に減量挫折コースにいかないためにも
頑張りどころなんです。

どうしても何か食べたい人は、
油分を控えた穀類などなら食べてもOK。

具体的には、
お茶漬けやおにぎりなんかだったら一杯(一個)ぐらいなら、
ボーダーラインでセーフですね。

焼肉屋さんによくあるライス類は、
考え方によってはOKって事になりますよね。

他にも
バナナや果物ジュースなんかも
腹持ちがいいのでアリです。

穀類やバナナなどは血糖値の上昇につながりやすく、
すぐに腹の空腹感も落ちつくので、
減量中にはありがたいですね。

ビールを飲んだ後だけじゃなくて、
連日の食生活でも同じですよ!

減量中はビールは飲まないのがベストですが、
飲んでしまった後は、
こうしたフォローを上手にしてみましょう!


レーシックは両目に限ったことではない

レーシックは両目に限ったことではない

★メニュー

一時的なレーシックにおける後遺症
レーシック後には感染症に注意
術後の安定までの日数
レーシックでの視力回復について
悩みの遠視もレーシックで治療
レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
医師選びは知識と経験が大切
手術中に痛みがあるのかどうか
レーシックで老眼も治療可能
レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)絶対に見逃す事の出来ない最新のレーシック